mabanua with 関口シンゴ

mabanua with 関口シンゴ
  • 12日
  • 結城酒造
  • ライブ・パフォーマンス

mabanua

ドラマー/ビートメーカー/シンガーという他に類を見ないスタイルが話題の日本人クリエイター。全ての楽器を自ら演奏し、それらの音をドラマーならではのフィジカルなビートセンスでサンプリングし再構築、ジャンルに捉われない音創りが世界中から絶賛される。

2010年、FUJI ROCK、GREENROOM、RISING SUNなど全国の大型フェスに出演。

3月にリリースした1st アルバム『DON'T CARE WHO KNOWS THAT』では、世界中のアーティストが集結。iTunes HIP HOPチャートで1位、タワーレコードbounce年間チャートで洋邦含む総合8位を記録し、英・仏でもリリースされる。

2011年、1stミニアルバム『Heart Fever』をリリース。翌年2ndミニアルバム『In TRANSIT』をリリース。ソロとしても活躍の場を広げ、Chara、TWIGY、七尾旅人、福原美穂、BENI、COMA-CHI、清水翔太、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、AISHA、Eshe (Arrested Development)、Chet Fakerなどのプロデューサー、リミキサー、ツアードラマーとしても活躍。ライブのみならず、各種メディアへの楽曲提供も多数手掛け、Google、イオン、キユーピー他数々のTVCM、テレビ系アニメの音楽を制作のコラボ楽曲を発表。その後2ndアルバム『only the facts』をリリース。

2014年には、海外アーティストとライブでの競演を果たすなど、国内外から大きな注目を集めている。

現在最も注目されている日本人ドラマー / クリエイター。

Webサイト:http://mabanua.com/

関口シンゴ

14歳でギターを弾き始め、20歳から作曲活動を開始。

風景・映像の浮かぶ音楽をコンセプトにしたソロプロジェクト vusikこだまかおる(vocal)とのユニット EARTShingo Suzuki、mabanua とのユニット Ovall (現在活動休止中)など様々なプロジェクトで活動中。楽曲制作からレコーディング、ミックスまでを自らこなすマルチクリエイター。

2010年Hocus Pocus、Wayna、Kenn Starr、Hanah、類家心平他世界中のアーティストが集結し出来上がった1stアルバムはヨーロッパでもリリースされ話題となる。

その後FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、RISING SUN、GREENROOM、SenSet Liveなど様々な大型フェスに出演し注目を集める。初のソロアルバムをリリース予定。

Webサイト:http://vusik.info/